宮古島の自然資源を体感できるアクティビティ!

初心者でも楽しめるシュノーケリング

宮古島の自然を体験するアクティビティとして、まず外せないものに美しい海を満喫できるシュノーケリングがあります。冬でも水温が20度前後のため、ウェットスーツを着用すれば一年中潜ることが可能です。
宮古島には多くのシュノーケリングポイントがあり、それぞれ特徴があります。たとえば、人気の吉野海岸は、ビーチから数メートルのところにサンゴ礁が広がっていて、干潮時にはサンゴがさらに浅いところで見られるので、小さな子供でも楽しめます。群生するサンゴに色とりどりの熱帯魚が手に取るように見え、人気のカクレクマノミもいます。
ほかにも、ウミガメに会えるかもという場所や、鍾乳洞のシュノーケリングを体験するツアーがあるなど、バラエティに富んでいます。

満天の星を仰いで夜の自然を満喫

もう一つ宮古島で人気があるのは、自然観察ツアーです。宮古島は亜熱帯特有の動植物の宝庫であり、この場所ならではの多くの生き物がいることで知られています。
自然観察ツアーには、朝日を浴びながら歩くモーニングツアーや、降るような星空の下を行くナイトツアーなどもあり、さまざまな表情を楽しむことができます。モーニングツアーでは、季節によって日本では南西諸島でのみ見られるサガリバナの開花を見ることができます。ナイトツアーでは、最大級の甲殻類であるヤシガニをはじめ、夜行性の動物に出会うことができ、夜咲く花を観察することができます。
ほかにも、水辺の生き物を観察したり、マングローブを探検したりするツアーが企画されています。