宮古島ならではの食文化を知ろう!

宮古島の定番グルメもちもちおいしい宮古そば

宮古島の食文化でまず紹介したいのが、宮古そばです。宮古そばは沖縄そばの一種で、小麦粉を使った平打ち面で、つるつるとした感触が特徴です。宮古島の人々にとって日常の食べ物で、お店で食べられるだけでなく、家庭で調理する袋麺がスーパーなどでいろいろな製麺店のものが並んで売られています。
お店で食べるときは、それぞれのお店で個性なメニューがありますが、定番の具は豚肉とかまぼこです。宮古島独特のオールドスタイルは、具が麺の下に隠されたもので、一見するとネギしか乗っていない素うどんのようです。なぜこのようになったかについては諸説ありますが、豚肉が貴重だったころに、こっそり食べていた名残ともいわれています。最近は、他の地方のように具を乗せた状態のお店も多くなっています。

産地ならではの新鮮さが魅力海ブドウ

海産物なら海ブドウがおすすめです。海ブドウは、小さな葉が球状になって果物のブドウの房のように見えることから名づけられたもので、ブドウではなく海藻です。その形から、グリーンキャビアとも言います。鉄分をはじめミネラルが多く含まれていること、血圧やコレステロール値を下げるというタウリンが含まれていること、低カロリーで食物繊維が豊富なことから健康食品としても知られ、長命草という呼び名もあります。
プチプチした食感に海を感じる自然な塩気があり、生のままでポン酢や和風ドレッシングなどで食べます。お店では、そのままおつまみとして出てきたり海ブドウ丼としてよく出ていますが、海鮮丼や海鮮サラダなどにも欠かせない食材として乗っています。

沖縄の島の中で、竹富島も海がきれいな島も一つです。竹富島のツアーが多くの旅行会社にあり、観光客が増えてきています。